へそくりにできるお金をちゃっかり貯める法

衣替えの季節、夫の洋服を気を利かせ片付けていると、50万円ものお金が出てきました。なんとへそくりでした。

へそくりにできるお金をちゃっかり貯める法

夫の箪笥から50万円ものお金が、へそくりでした。

夫はまじめで、タバコも吸いませんし、ギャンブルもしません。お小遣いも3万円と少ないです。

そんな夫は毎月のお小遣いで、お菓子を買うのと、雑誌を買っているようです。

そのほかは時々友人たちと釣りに行きますがそのときに使っていると思っていました。
職場が近く昼食は帰ってきて昼食をとって会社に戻っているためにお金は使いません。他には休みの日に家族で出掛けた際に、ケーキなどを自らお小遣いで買ってくれたりもする夫です。

あるとき、衣替えの時期でした。
衣替えはいつも夫は夫で時間を見つけてしていましたが、気を利かせた私が、夫の分の衣替えもやってあげようと箪笥をあけ片付けていると小さな箱が出てきました。
見たことのない箱でした。

恐る恐る明けてみると、中からお札が沢山出てきました。
1000円札や10000円札とばらばらで、数えてみるとそのお金は50万円もの金額でした。
驚いてうちに帰った夫に勢いで聞いてみました。
私はやばいお金かと思っていたのです。

たとえば、何かでお金を使い込み、夫が内緒で夫の両親に借りたお金とか、会社で必要なお金とかかと思い、勢いで聞いてみると「ばれたか〜」とあっけらかんと言う夫。毎月のお小遣いが、余るらしくてへそくりだと言う事でした。
「実はへそくりをためて家族で日ごろ行けない豪華な旅行に行こうと思って」と。お互いの両親と、私たち家族を旅行に連れて行こうと思って残ったお小遣いをもう、何年も貯めていたそうです。

優しくてやはりまじめな夫に感謝の毎日です。