へそくりにできるお金をちゃっかり貯める法

ご主人には内緒のお金をへそくりとして、銀行にも預けずタンス預金を行っている主婦は非常に多いと言う事です。

へそくりにできるお金をちゃっかり貯める法

へそくりとしてお金を貯めている主婦が非常に多いそうです。

中には別れたときの生活費として貯めている人が多いとのことなので、知らないご主人は不幸としか言いようがありません。へそくりが生きがいという主婦もいるようで、手メコンでいるお金はかなりの額になるそうです。

毎日の生活費の中なら少しずつお金を貯めていくのですから、もとわと言えばご主人が稼いできたお金であるハズです。

それを全くご主人が知らない間にきっちりとためコ込んでいるなんて女性はやはり恐ろしい生き物だと思います。

これがまだ、いざというときに貯められていて、何かあったときにこれ使っておいてと言うなら素晴らしい奥さんだと思いますが、そんな高知城の藩主山之内一豊の妻のような女性はそう簡単には見つからないと思います。
ある保険会社のリサーチで、へそくりを行っている女性の数は35%、その金額は300万円以上出ほぼ400万円に迫る勢いだそうです。

中には5000万円や1000万円を超えるへそくりを持つ人見るそうです。

そのほとんどが毎月の生活費をやりくりしながら貯めていったお金だと言う事、その努力は本当に素晴らしいの一言です。

もちろんいざというときにためにという人も多いようですが、中には自分のためにと言う人もかなりの数に上るようです。

スーパーの安売りなどで、遠くまで買い物に出かけるのはそのため?
と思わず思ってしまいます。
ご主人の立場を考えるとすれば、本当にいざというときに使って欲しいと言うほか無いと思います。