へそくりにできるお金をちゃっかり貯める法

最近のへそくりがお金としてどのようになっているかと、夫婦の力関係や管理の面からいくつか書いてみました。

へそくりにできるお金をちゃっかり貯める法

最近のお金とへそくりの事情

最近のへそくり事情は昔とはだいぶ違うのではないかと思います。
昔のように家の何処かに隠すのではなく、お金も電子マネーとなりましたから、隠し場所も無限にあるインターネットの世界ということになっているようです。

広大なインターネットの世界に隠されたら、個人ではどうしようもなく、探すのは無理となります。
またパソコンでもスマホでも銀行に口座をいくらでも、わからないように作ることこともできますから、家の中に隠す必要もないということになります。
それどころかそのへそくりを運用したりして、ミセスワタナベとか言われるような運用の猛者も出現しています。
なかなか智慧の豊富なへそくりの運用者となっているようですね。

それはインターネットの出現もありますが、夫婦の力関係の変化もあるのではないかと思います。
へそくりとは隠して、それを蓄積するということですが、亭主関白で夫が力があり、妻が隠さなくてはならないという時代は、遠の昔に去っていき、今では妻と夫は同等の関係になってきているので、隠す必要もなく管理されているということになっているようです。

気の毒な感じもありますが、それも今のスタイルなので本人たちには自然なのでしょう。ですので今では純粋なへそくりは少なくなってきているのでしょうし、へそくりの実体は銀行の預金として預けられているのだと思います。
そのような状態なので、あまり聞かなくなりましたが、中には純粋に自分のものが欲しくて、せっせとへそくりをしている人もいるのかもしれませんね。