へそくりにできるお金をちゃっかり貯める法

先日テレビで主婦たちのへそくりについて放送されており、恐ろしくなりました。夫のお金を隠れて移しかえていました。

へそくりにできるお金をちゃっかり貯める法

夫のお金を隠れてへそくりにする妻たち

世の奥様方が貯めているへそくりの額をご存知でしょうか。少し前テレビでやっていたのですが、平均で100万を超えているそうです。

尤もこれは専業主婦300人に聞いたアンケートの結果ですので、必ずしも真実とは限りません。一銭もないのについ見栄を張ってしまうこともあるでしょう。
しかし一応そういう結果が出ているわけです。

アンケート対象は専業主婦のみ、つまり全部旦那の稼ぎです。

へそくりとは言ってみれば内緒のお金です。

夫に知られてないお金ということです。

なんのために貯めているかという質問に対し、ほとんどの人がいざという時のための貯蓄、と答えていました。
いざという時とは離婚なども含まれるでしょう。つまり最後まで隠し通すつもりのようです。

そしてほとんどの人が、主婦が家計をやりくりして余ったお金だから自分のものにするのは当然、というような考えを持っていて、罪悪感は感じていないようでした。

中にはすごい人がいました。
旦那の口座から引き出したお金を自分の口座に移しかえているのですが、引き出した日と入金した日が近ければ後々旦那のお金ということになってしまうので、間を空けて入れるようにしている、とのことでした。
ここまでくると犯罪ではないかと思ってしまうほど用意周到で、世の中の主婦が恐ろしくなりました。
もとはと言えば旦那が稼いだお金です。

夫の稼ぎの半分は妻のもの、というなら分かりますが、こっそりと自分だけのものにしてしまうのはどうかと思います。
常々思っていることですが、やはり女のほうが強欲です。